国立科学博物館の見どころは?ミイラ・化石展示やお菓子などのおすすめお土産情報も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

上野公園内にある国立科学博物館は、地球館がリニューアルするなどして展示も見やすくなっており、休日にはかなり混雑する人気の科学博物館です。

科学博物館というと、ちょっと地味なイメージがあって縁がないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、上野には数多くの博物館がありますが、その中でも国立科学博物館は「子供にもわかりやすい」「小さい子も興味が持てる」というのがウリの博物館なので、子供から大人まで家族で楽しめるオススメの博物館です。

今回はどんな国立科学博物館の展示の見どころと、人気のお土産情報についてご紹介します。

 

●国立科学博物館

住所:東京都台東区上野公園7−20

営業時間:9:00 ~17:00(入館は16:30 まで)※金曜日・土曜日は9:00 ~20:00(入館は19:30 まで)

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

料金:大人620円、高校生以下無料

 


スポンサーリンク
?

 

国立科学博物館の目玉はミイラ&化石!

国立科学博物館内は、大きく分けて「地球館」と「日本館」に分かれており、自然と化学がテーマになっています。

比較的広くて一日中楽しめる割に、料金は大人620円、子どもは高校生以下無料というリーズナブルさで、家族連れにとても人気のあるスポットです。

その上年間パスポートが1000円で購入できるため、何度も子供にせがまれていくようなら、年間パスのほうが良いですね。

「日本館」の魅力はワークショップ

まず「日本館」ですが、ここでは日本にある自然を実感できるパビリオンとなっています。

東京、しかも上野ともなると、上野公園はありますが、なかなか元来の日本が持つ大自然は体験できません。
しかし日本は比較的緑も多く、都会を離れれば大自然も残る国です。

そのことを感じさせてくれるのが「日本館」です。ここでの目玉は何と言っても「ワークショップ」ですね。
実施されている日や曜日などはそれぞれ異なるので、あらかじめ調べる必要があります。

竹細工や大学生たちによる講義など、子どもたちはもちろん大人も知らないようなこと、体験したことのないような経験ができて面白いですよ!

「地球館」の魅力はミイラ?

そして、リニューアルした「地球館」。ここでの目玉は何と言っても「化石」と「ミイラ」です。
ミイラや化石なんて、「怖い!」と感じる方もいるでしょう。

この地球館は科学技術の発展をテーマに、化石や生命の進化、科学技術を体験できるコーナーなどが人気です。
中には地震の観測を体験できるような機械もあり、休日には行列ができることもしばしば。

そして何より子供たちから人気なのが、恐竜の化石ですね。やっぱり大きいので迫力があります。

また、骨になっていることも、子どもたち含め大人も興味深く感じるのではないでしょうか?
ここの骨がこうつながるのかと感心させられ、生き物の体っていうのはうまくできているなぁと感じさせられます。

 

進化や文明の発展コーナーにはまた別の見どころがあります。

それが「ミイラ」です。とはいえ、そんなにグロテスクなものではなく、清潔感のある展示の仕方で、怖さもなく見られるので小さな子どもが嫌がるようなことはないでしょう。全体的に理系の雰囲気ですが、楽しくわかりやすく展示されているのが魅力です。

「理系が嫌いな子」「理系の才能に目覚めてほしい子」などがいる親御さんは、ぜひ一度行ってみて、子どもが興味を抱くかどうか試してみても良いですね。

 


スポンサーリンク
?

 

買って帰ると喜ばれるお土産はこれ!

国立科学博物館のショップでは、ここでしかなかなか手に入らない東京土産もたくさんあります。
特に個性的なお菓子のお土産はおすすめです。ここではおすすめの博物館土産をオススメ度ベスト3にして発表します。

おすすめの土産3位:「科博サブレ」

サブレというと定番の「たいしておいしくない」お土産お菓子だと思う人もいるでしょう。

しかしこの科博サブレはサクサク感が違います。こちらのサブレには国立科学博物館内でも展示を楽しんだ「ティラノサウルス」や「シロナガスクジラ」などの絵柄と、秋田県のハチ公が描かれています。

ハチ公の故郷は秋田県の大館市であることから、地元の老舗和菓子屋「大鳳堂」とコラボしているのです。
お土産に科博サブレを購入した人は「どうりでおいしいと思った!」と感じるのではないでしょうか?

おすすめの土産2位:「ハチ公飴」

比較的リーズナブルなお値段と、ハチ公の顔バッグに入った金太郎飴みたいなハチ公飴が、とってもキュート!
子どもにも、ハチ公を知る大人にも人気のお土産ですよ。

ハチ公はちなみに国立科学博物館内に剥製があり、りりしい姿が拝見できます。
そんなハチ公のかわいい顔の飴は、分けやすい上に美味しいですし、大人気のお土産お菓子ですよ。

おすすめの土産1位:「化石ガチャガチャ」

なんと館内のガチャガチャでもらえる「本物の化石」です。
よく知られるアンモナイトの化石などが、ガチャガチャでもらえるなんて、面白すぎますよね。

ガチャガチャなので、何が出るか楽しめ、子どもも大人もワクワクできます。
購入すること自体にワクワクできることはもちろん、出てきた本物の化石を自宅に持って帰れるなんて素敵なこと。

何度かガチャガチャをして、本物の化石を仲良しの友達にプレゼントしてもいいですね。

 

以上、上野公園にある国立科学博物館についてでした。

上野公園には行ったことがあるけど、国立科学博物館には入ったことが無いという人も多いかもしれません。次に行った機会にはぜひ立ち寄ってみてください。多くの人が想像以上に面白いと感じる、おすすめのスポットです。

 


スポンサーリンク
?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る